葬儀をする前に相続の問題は大丈夫か確認

葬儀前に相続の話をすると厄介なこともある

人それぞれの価値観があるため、親の葬儀の前に遺産問題を話し合おうとする方もいます。もちろん、親御さんの死去によって遺産の問題が浮上するわけですから、タイミングとしては当然といえば当然のタイミングになります。しかし、これから葬儀を控えている中で家族同士がある種、ぶつかり合うというのは厄介な結果を生み出す可能性があるのです。もちろん、家族の関係性も人それぞれですから、いくら遺産分配の話し合いと言っても特にもめることもなくスムーズに話が進むケースもあります。

それこそお互いがお互いを思いやって分配するような家族もたくさんいます。このような家族であれば仮に葬儀を控えている中での話し合いとなっても何ら問題ないのでしょうが、厄介なのはこうしたケースとは真逆の家族の場合です。つまり、自分の取り分を少しでも多くしたい、もしくは可能ならば独占したいなどと考えている場合です。話し合いの場に、家庭や相続人の中にこうした性格の持ち主がひとりでもいると、当然ながら話し合いをスムーズに行なうことは難しくなります。

ひとりが欲しがり、ほかの人々が身を引くというようなことであればまだスムーズですが、やはりたいていはお互いに取り分を少しでも多くしたいと願ってしまうため、おのずと意見の対立が生まれやすいのです。もちろん、遺産問題は今後の自分の人生を大きく左右する問題でもあるため、必ずしも温和な空気の中で話し合われるわけではありません。むしろ紛糾するほうが多いものです。

そのため、こうしたケースがいけないわけではないのですが、仮にそのような話し合いをするのであれば、やはり葬儀が終わったあとがいいのです。これから親を見送ろうというときに兄弟がいがみあったままでは、やはり見送られる立場を考えると良くないです。遺産を相続しない他の親戚にも心配をかけてしまう可能性があります。そのような事態を招くくらいならば、葬儀が終わってあわただしい日々が一段落してから、腰を据えて話し合うようにしましょう。